人気のタグ

コーナンTips

ペット

うさぎの飼い方と注意点|用意するものとお世話のポイントを初心者向けに解説

うさぎの飼い方と注意点|用意するものとお世話のポイントを初心者向けに解説

Featured Image
クリップボードにコピーしました
         

大人しくて愛らしい見た目が人気の「うさぎ」は、犬や猫に劣らずペットとしてお迎えする人が多い動物です。犬猫に比べて飼育するスペースをとらないため、一人暮らしの方や初めて動物を飼う方にもよく選ばれています。

本記事では、うさぎの特徴や選び方のポイント、飼育に必要な用品、基本的な飼い方などを解説します。うさぎを飼ってみたいけれど、お世話の仕方や必要なものがわからず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

うさぎを飼うときに役立つ基本情報

うさぎの飼い方|初心者が用意するものとお世話のポイントを解説
うさぎといえば、長い耳やふわふわの体毛、小さくころんとした見た目を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、ほかにもうさぎには多くの魅力があります。

家族としてお迎えする前に、うさぎの基本情報をしっかりと理解して、より適切なお世話ができるように準備をしておきましょう。

その1:特徴

うさぎはウサギ目ウサギ科の動物で、ヨーロッパが原産地です。家畜化されていたアナウサギが徐々に繁殖し、種類を増やしていったとされています。

大きさはおよそ30~60cm、重さは品種によって1~10kgと幅広く、毛の長さや模様、色も個体によって異なります。印象的な長い耳も、ピンと立っていたり垂れていたりと、さまざまな見た目の子が存在します。

また、うさぎの魅力は見た目のかわいらしさだけではありません。能力にも多くの優れた特徴があります。以下では、見た目以外のうさぎの特徴を2つご紹介します。

知能が高い

うさぎにはとても「賢い」という特徴があります。個体差はありますが、ごはんの時間を記憶したりすることが可能です。きれい好きな性格で、トイレの場所を認識できる子も多くいます。
しつけをしやすいため、ペット初心者の方にもおすすめの動物です。一緒に生活をしていくうちに、どんどんうさぎの知能の高さに気づくでしょう。

視覚以外の五感が優れている

うさぎは視力が悪いため、物をはっきりと見分けることができません。しかし、視野は非常に広く、およそ360度もの範囲を見渡せるといわれています。また、非常に優れたほかの五感が視力を補っているため、問題なく生活できます。

とくに、口や鼻の周りに生えるひげは、ものとの距離を測って空間を把握する触覚の役割を担う重要な存在です。

長い耳は、周囲の音を集めて遠くの音も聞き取る聴力を持ち、風を浴びることで体温調節もおこなっています。食べ物の好みをはっきりと判別する味覚や、人間の10倍は敏感であるとされる嗅覚も、うさぎが生活するうえで欠かせない感覚です。

このように、うさぎは体のさまざまな部位が重要な役割を果たしているため、飼育時の触れ合いやお手入れの際には注意しなければなりません。触覚であるひげをむやみに切る・抜くことや、耳を触りすぎることは決してしないでください。嫌なことをされて、うさぎの警戒心が高まり機嫌が悪くなってしまうおそれもあります。

その2:感情表現

うさぎは声帯がなく、大きな声で鳴く動物ではありません。表情にもほとんど変化がないため、初めて触れ合う際には感情がわからずに戸惑ってしまうこともあるでしょう。

しかし、実はとても豊かな感情を持っており、私たちに様々な方法で伝えてくれています。動作や小さな鳴き声の端々から伝わるうさぎの感情についてご紹介しますので、ぜひ注目して観察してみてください。

動作からわかる感情

犬や猫が感情に合わせて尻尾を振ったり喜んで駆けまわったりするように、うさぎにも「動作」からわかる感情があります。とくによく見られるのは、犬猫と同じように「尻尾を動かす」動作です。嬉しさや怒りを感じたタイミングなど、主に興奮状態にあるときに尻尾をよく動かす傾向があります。

また「足ダン」と呼ばれる、足を強く踏み鳴らす行動をしていたら、何かに警戒している証です。同じように、鼻をヒクヒクと動かしているときも警戒している可能性があります。ただし、しきりに匂いを嗅ぐときにも鼻がよく動くため、気になった際には周りにある物や前後の動きを観察してみてください。

鳴き声からわかる感情

うさぎは大きな声を出すことはできないものの、鼻を使って鳴き声のような音を鳴らして感情を表現します。嬉しさを感じたら高い音、不満なときは低い音と、気持ちに合わせた音を出すため、聞き分けられるようになると一層感情が理解できるようになります。

うさぎの選び方のポイント

うさぎの飼い方|初心者が用意するものとお世話のポイントを解説
ここからは、実際にうさぎを家族としてお迎えする際の「選び方」について解説します。もちろん一番のおすすめは、ひと目見て気に入ったり、運命を感じたりした子をお迎えすることです。しかし、気になる子が多くて悩んでしまう場合は、以下でご紹介する選び方のポイントを参考にして、自分に合う子を見つけてみてください。

最適な年齢

うさぎは、ショップやブリーダーさんによってさまざまな年齢の子をお迎えできます。生まれて数週間の子どもから、すっかり成長した状態の子までいますが、初心者の方には生後6か月~1年半ほどのうさぎがおすすめです。

生後4~8週間の子どもの頃は、乳離れを経験し、新しい食べ物を口にしたり社会性を身につけたりと非常に重要な時期です。小さくてかわいい時期ではありますが、なるべく自宅には連れて帰らずに、専門店のスタッフやブリーダーさんにお世話を頼むことが最適といえるでしょう。

また、3~6か月頃は思春期となり、もっとも手がかかります。大変である分愛情は増すかもしれませんが、飼育に不安がある方はある程度成長した子をお迎えすることをおすすめします。

オスとメスの違い

うさぎをお迎えする際には、事前に「性別」を決めておくと選びやすくなります。オスとメスで性格や注意するべきポイントが異なるため、自分や家庭環境に合うのはどちらであるのかをしっかりと判断しましょう。

男の子であれば、縄張り意識が強く「スプレー行動」と呼ばれる犬のマーキングのような行動を起こす可能性があります。床や家具が汚れたり、臭いが残ってしまったりするおそれがあるため対策が必要です。

一方で、女の子の場合は、男の子と比べると大人しい子が多いですが、まれに自分の胸の毛をむしったり、飼い主さんに攻撃的な態度をとったりすることがあります。これは「偽妊娠」と呼ばれ、実際には妊娠していないものの、警戒心が高まっている状態です。

男の子は去勢手術、女の子は避妊手術をおこなうことでそれぞれの問題行動を改善できる可能性はありますが、どちらもリスクを伴うため、まずはしっかりと獣医さんに相談しましょう。

身体のチェックポイント

ペットショップやうさぎの専門店はもちろん、ブリーダーさんからお迎えする場合でも、最初にうさぎの様子や身体の状態をチェックすることを忘れないようにしてください。

主なチェックポイントは以下のとおりです。

  • 元気はあるか、行動に違和感がないか
  • 下痢をしていないか(丸くてコロコロしたうんちが良い)
  • 皮膚のかぶれや、被毛に酷いもつれはないか
  • 鼻や口の状態、歯は綺麗であるか
  • 足の裏や耳の毛は綺麗か、臭いやかぶれがないか

うさぎを迎える前に用意するもの

うさぎの飼い方|初心者が用意するものとお世話のポイントを解説
うさぎを家に迎え入れる前に、飼育をするうえで必要なものは一通り揃えておきしょう。うさぎ用のグッズは豊富な商品が発売されていますが、ここでは最低限揃えておくべきものをご紹介します。

  • 食べ物
  • 食器と給水器
  • ケージ
  • マットやハウス
  • トイレ
  • 冷暖房用品
  • グルーミング用品
  • キャリー

食べ物

うさぎが元気に過ごすためには、適切な食べ物が不可欠です。主食には、主に牧草やペレットフードなどを選びましょう。ペットショップやうさぎ専門店をはじめ、ホームセンターなどでも多く取り扱っているためチェックしてみてください。

また、うさぎといえばニンジンを食べるイメージがあるかもしれませんが、基本的に野菜やフルーツは与える必要が無く、与える際はあくまでも「おやつ」として与えます。できるだけ砂糖不使用のものを選び、時折ご褒美としてあげるといいでしょう。

うさぎのエサの選び方は以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて参考にしてみてください。
 

関連記事

うさぎのエサの種類と与え方は?初心者向けに基本的なポイントを解説

食器と給水器

毎日の食事や給水には、適切な食器と給水器が必要となります。基本的にはケージに設置して使うため、使用するケージに合わせたサイズや形のものを選びましょう。

食器の大きさや深さ、給水器の水が出る量など、うさぎにとって使いやすいかどうかをよくチェックして購入し、常に清潔な状態を保つようにしてください。
食器・給水機の商品を見てみる

ケージ

うさぎが安心して生活できるスペースを確保するためにも、ケージは必ず用意しましょう。体の大きさや性格に合わせて、快適に過ごせるものを選んであげてください。

また、長く使うアイテムであるため、掃除や移動がしやすいものを選ぶことも重要です。天井やトレイを取り外せたり、キャスターがついていたりと、さまざまなケージが展開されています。
ケージ・ハウスの商品を見てみる

マットやハウス

ケージの中やうさぎの居住スペースには、快適な「お気に入りスペース」を作ってあげるのがおすすめです。屋根付きのハウスであれば少し隠れることができるため、うさぎにとって何かあったときに駆け込んで安心できる場所になります。
また、マットは季節によって保温性の高いものと冷感生地のものを使い分けると、より快適な空間を作ることができます。
ふかふかのマットやハウスなどを用意して、うさぎが自由に寝たりくつろいだりできるようにしてあげましょう。

マットの商品を見てみる

トイレ

うさぎのトイレには、砂とシーツが欠かせません。時間の経過とともに強くなるアンモニア臭を抑えるトイレ用の砂と、しっかり吸収するトイレシーツを適切に使用することで衛生的なトイレ環境が整います。

ケージの隅に専用のトイレを設置し、砂やシートを置いたらうさぎがトイレをするまで様子を観察してみてください。うさぎは記憶力が良いため、トイレの場所を覚えて愛用してくれるようになります。
うさぎ用トイレの商品を見てみる

冷暖房用品

外気の急激な変化に弱いうさぎにとって、温度調節ができるアイテムは非常に重要です。室内で飼育する場合でも、真夏や真冬にはしっかりと気温を調節して、うさぎが体調を崩してしまわないよう気にかけてあげましょう。とくに、夏場は暑さで熱中症を引き起こす危険性があるため注意してください。

うさぎが快適に感じるのは、18〜24℃ほどの温度と、40~60%ほどの湿度が保たれた環境です。

直射日光や隙間風が当たらないようにケージの置き場所を工夫したり、エアコンの設定温度を見直したりとさまざまな対策方法があります。必要な場合は、ペット用のクーラーやヒーター、毛布などの導入も検討してみてください。
小動物用保温用品を見てみる

グルーミング用品

グルーミングとは、ブラシなどを使ってうさぎの毛づくろいをすることです。
うさぎは、皮膚を守るための「アンダーコート」と、汚れや刺激から守るための「ガードヘア」という2種類の毛を持っています。どちらの毛も、季節の変化に応じて生えかわるタイミングがあるため、日常的なグルーミングがとても大切です。

毛の硬さやタイプに合わせてスリッカーブラシやラバーブラシなどを使い分けて、清潔な状態を保ってあげましょう。グルーミングを習慣にすると、うさぎとのコミュニケーションをとる時間にもなりますよ。
ブラシ・コームの商品を見てみる

キャリー

病院に連れていくときや、引越しのときなどに必要となる「キャリー」もお迎え前に準備しておくことをおすすめします。お迎え初日にショップから自宅へ連れて帰る際にも活躍するため、事前に用意しておいて損はないでしょう。

うさぎがある程度中で動き回れるサイズで、出し入れや持ち運びがしやすそうなものを選んでください。
ペット用キャリーの商品を見てみる

うさぎの飼い方

うさぎの飼い方|初心者が用意するものとお世話のポイントを解説
飼育に必要なものを揃え、家にお迎えしたらいよいよお世話の開始です。

ここからは、基本的なうさぎの「飼い方」について解説していきます。お世話を始める前に、適切な飼育環境や毎日やるべきこと、スキンシップやしつけの方法などをきちんと理解しておきましょう。

飼い方その1:住みやすい環境づくり

うさぎが主に生活をするための「ケージ」は、室内の場合リビングのように常に人が居るところに設置してあげてください。人に慣れさせる目的もありますが、何より目につくところに置くことで、うさぎの異変や感情に気づきやすくなります。

さらに、人がいる部屋の中でも物が落ちたり倒れたりしそうな場所は避け、落ち着いて過ごせる場所がベストです。

飼い方その2:基本的なお世話

うさぎとの生活では、大きく分けると「毎日」「1~2か月ごと」「年に一度」の3つのタイミングで必要なお世話があります。
まず、毎日やるべきお世話は、基本的な食事や水の交換、トイレやケージの掃除などです。加えて、ケージから出して運動をさせてあげることや、グルーミング・健康チェックなども日課にしてください。

1~2か月ごとにするお世話は、爪切りや耳掃除といったお手入れと、普段以上に手の込んだ清掃です。食器類やトイレをしっかりと丸洗いして、清潔な状態を整えてあげましょう。

年に一度おこなうお世話として、動物病院での健康診断を受診してください。健康なうさぎの場合でも、1年に一度は必ず全身を診てもらって、病気の予防や早期発見につなげることが大切です。

飼い方その3:スキンシップの仕方

スキンシップの方法は人それぞれですが、うさぎはとくに撫でられることを好む動物です。そのため、最初は少しずつ様子を見ながら頭や体に触れて、うさぎが撫でられて喜ぶ場所を見つけてあげましょう。

しかし、女の子で発情中の場合には注意が必要です。腰を上げて尻尾をお尻につけるような動きが見られたら、背中を撫でることは控えてください。偽妊娠を誘発してしまう可能性があります。
一方で、飼い主さんを舐めたり鼻でツンツンと突いてきたりした際には、うさぎが「撫でてほしい」とアピールしているため、ぜひ存分に構ってあげてください。

飼い方その4:しつけの仕方

うさぎは非常に賢い動物であり、正しくしつけをおこなえばお利口な性格に育つでしょう。ただし、お迎えしてからしばらくは環境に慣れさせることを優先し、いきなりしつけはしないようにしてください。

ある程度生活に慣れてきたタイミングで、うさぎが良いことをしたらとにかく褒めてあげましょう。優しい言葉をかけたり、おやつを用意したりして、「この行動をすればいいことがある」と教えます。

また、うさぎは決まった場所で排泄をする習性があるため、トイレのしつけはそれほど難しくありません。ケージの隅にトイレを設置して、覚えるまでの間はうさぎの糞尿をわざと砂やシートの上に置いて臭いをつけてあげましょう。自然と場所を覚えて、毎回自らトイレに行くようになりますよ。

うさぎを飼うときの注意点

うさぎの飼い方|初心者が用意するものとお世話のポイントを解説
生き物を飼育する以上、もちろん気をつけなければならない点もあります。うさぎがいつまでも健康に過ごせるよう、不慮の事故や怪我、病気などの原因となるものはできるだけ減らしてあげることが大切です。

噛みグセをつけさせない

うさぎは知能が高いからこそ、一度覚えると厄介な行動のひとつに「噛みグセ」があります。噛むことで飼い主さんが自分の要求に応えてくれると覚え込んでしまった場合、何かあるたびに噛むようになります。噛むことを覚える前はもちろん、万が一噛みグセがついてしまった場合でも、うさぎに噛まれたときは反応せず無視してください。

また、飼い主さんの手だけではなく、家の中にあるいろいろなものをかじる行為に悩まされることもあるでしょう。かじる行為はうさぎの本能であり、歯の伸びすぎを防いだり、ストレスを解消する目的があるため完全にやめさせることはできません。しかし、目を離した隙に怪我や誤飲をしてしまう危険性があります。

そのため、うさぎを定期的にケージの外に出して運動させる場合には、危険物やかじられて困るものがないかどうかを事前に確認しましょう。とくに、電気コードは火災や感電のリスクがあるため、必ず対策を実施してください。

無理やり抱っこしない

撫でられることが大好きなうさぎですが、実は「抱っこ」をされるのは基本的に好みません。しかし、グルーミングや健康チェックといった場面では抱っこが必要となるため、日常のなかで少しずつ慣れさせてあげましょう。

抱っこをする際には、うさぎの耳を持つことは絶対にやめてください。胸の下に手を入れて、お尻と体全体を支えるように持ち上げてあげるのが正解です。抱っこを嫌がって暴れる場合には、首筋の皮膚をたっぷりとつかんでお尻を支えるといいでしょう。

また、高い位置で抱っこをすると、暴れた際に飛び降りて骨折をする危険性があります。必ず低い位置で、座った状態でおこなってください。うさぎの骨は非常に弱いため、落下したり体に負担がかかったりしないよう、丁寧に抱いてあげましょう。

直射日光に当てない

うさぎは基本的に巣穴の中で暮らす生き物なので、強い日差しが得意ではありません。
日光浴を行うことはありますが、長時間の直射日光は避ける方が良いでしょう。

ケージの置き場所として、強い光の当たる窓際などは避けるようにしてください。

生活リズムは少しづつ慣らす

うさぎは薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)という生活パターンの動物です。
フクロウなど夜行性の動物や、キツネなどの昼行性の動物の活動時間を避けるため、早朝と夕方に活動して昼と夜は眠るというリズムで生活します。

人間と生活しているうちに次第に生活リズムは変わっていくので、無理に人間の生活パターンにあわせようとせず、慣れるまで気長に育ててあげてください。

体を濡らさない

体を濡らすことはうさぎの体にストレスを与え、体調不良の原因にもなります。
基本的にシャンプーは行わず、ブラッシングで体を清潔に保つようにしましょう。

飼育可能な物件か確認する

賃貸物件などの場合、うさぎを含むペットの飼育が認められない場合があります。
飼育を検討する際や、引っ越しの際は

うさぎの正しい飼い方を知って家族に迎えよう

うさぎの飼い方|初心者が用意するものとお世話のポイントを解説
適切な環境を整えて、正しい方法でお世話をしてあげれば、誰でも簡単にうさぎを育てることができます。日々触れ合いを続けることで、愛くるしい姿や感情表現をどんどん見せてくれるようになるでしょう。

関連記事 今話題の人気記事!

同じカテゴリから記事を探す

うさぎ